企業理念

労働者派遣事業許可番号 派13-300130
有料職業紹介事業許可番号  13-ユ‐300102

-----

目標達成のプロセス

目標達成のプロセス
Training Chapter

目標達成のプロセス プロアクティブビルディング
「目標達成のプロセス」
※屋内、屋外どちらでも研修は可能です。お気軽にご相談ください。
  • 相互扶助
  • 「伝えた」ではなく「伝わった」にする難しさを体験する
  • 目隠しをされた中で、役割分担や仕事の意義を明確にすることにより、モチベーションは上がることを体験していく。また、役割分担や仕事の意義を明確にしなければ、モチベーションが下がることを認識する。 全体像を見せ、現状を伝え、途中経過を認識させ、ゴールを目指すことにより各部門間の協力体制が確立されていく。

  • 共有化
  • 仲間が思いを1つにして、1つのゴールに向かって進んで行けるチームをつくる
  • チームの目標、課題、価値などを明確にしてゴールをチーム内で共有し、行動することにより、常に最終目標を意識することで一体感が生まれる。

  • チャレンジ
  • 悩んでいる暇があるなら行動し、多くの失敗から学ぶ (固定観念を持たない)
  • 「思考すること」も「行動すること」も企業人には不可欠な要素である。しかし、考えてばかりで何も行動しないと、望ましい成果を得ることが出来ない。ある程度のところでメドをつけてから走り出すことで、初めてわかることがある。

  • 時間
  • 決められた時間(期日)の中で、より良い施策を打ち出していく
  • 事前にPlan(戦略、計画、目標)をたて、実際にDo(実施、運用)をし、これで本当に良い施策なのかをCheck(監視、点検、評価)し、最後にAct(改善、見直し)を図り、決められた時間(期日)の中でPDCAを回していき、より良い施策を考え打ち出していくことが大事である。

このページの先頭へもどる